40・50代におすすめ人気のファンデーション♪乾燥しらずの潤うメイクを!

アラフォーアラフィフィという言葉は嫌いですが、それを実感しちゃうぐらい化粧ノリが悪くなったり、今まで大丈夫だったファンデが乾燥で合わなくなったりと忙しくなってる年齢肌・・・。そんな肌にでもOKなおすすめファンデーションを自分で試して紹介しています^^

透明感は下地で作る?透明肌をつくる方法とは?

ニキビもシミもなくて、くすみのな
い真っ白なお肌で、それでいて内側
から発光するような・・そんな透明
肌に憧れてしまいませんか?


透明感のあるお肌が好きなのは、な
にも男性だけではないはずです。


テレビや雑誌で透明感のあるお肌を
見るとうっとりしてしまいますが、
実はコツさえ掴めば誰だって透明肌
に見せることができるのです!


透明肌は、作れるもの。
そのために必要なのは化粧下地でし
た。


早速化粧下地を活用して、透明感の
あるお肌を作ってみましょう!

 

お肌を綺麗に見せるアイテムといえ
ばファンデーションがすぐに思い浮
かびますが、実はファンデより化粧
下地が重要だったんですね。


まず使う化粧下地は、ピンク系のも
のがオススメです。


優しいピンクの下地を使う事で、ご
くごく自然な透明感を演出すること
ができるんですよ。


お肌の赤みが気になる方は、赤みを
消してくれるグリーン系の下地もオ
ススメです。


パール感は仕上がりの好みによって
分かれるかと思いますので、数種類
の化粧下地で試してみるといいかと
思います。


化粧下地を塗るときは、自分の指と
手のひらを使います。


まずは指の腹で数カ所に化粧下地を
乗せていきましょう。


その後は手のひらで包み込むように
し、顔全体に広げて行きます。


この時、顔の中心部から外側に向か
って広げていくと自然な仕上がりに
なりますよ。


均一に塗るより顔の中心部を多く、
外側を薄く塗ると、自然な立体感と
透明感が演出できます。


下地を塗ったあとはコンシーラを使
って、透明肌の邪魔になる部分を隠
していきましょう。


シミやニキビ、くすみなど気になる
所だけコンシーラを重ねて行きます。


時間が経つと赤みが出る方は、赤み
が出やすい部分にもコンシーラを重
ねてあげましょう。


あとはパウダーファンデやフェイス
パウダーなどをふんわり重ねるだけ
です。


特にTゾーン、目の下、頬の部分に
意識的にパウダーを重ねると、立体
感が生まれますよ。


■透明肌をキープするために覚えて
おきたいテクニック


せっかく作った透明肌は、できるだ
け長時間キープしたいものです。
透明肌には、メイク直しも重要なポ
イントです。


メイク直しをしようと、いきなりフ
ァンデやパウダーを重ねてしまって
は透明肌も台無しです。


粉っぽいお肌は、決して透明感があ
る!とは言えませんよね・・。


まずはティッシュなどで余分な汗や
皮脂を取り除いて、それからファン
デやパウダーを重ねていきましょう。


お肌の乾燥が気になったり乾燥によ
ってメイクが崩れやすい方は、化粧
下地に保湿クリームやオイルをほん
の少し混ぜるテクニックが有効です。


およそ1:4の割合を意識して混ぜる
事で、保湿効果がアップしメイク崩
れも防げますよ。


このように透明肌は、使う化粧下地
やちょっとしたコツで簡単に手に入
ります。

 

是非チャレンジしてみてください
ね!